返済できないときは

消費者金融の便利な点の1つに、保証人や担保不要で契約できるという点があります。特に保証人は、なってくれる人を探すのが難しいという点と、消費者金融での借入れを知らせてしまうのが嫌だという点が、ネックになります。保証人不要で契約できる消費者金融なら、プライバシーを守りつつお金を借りられます。

 

保証人不要の消費者金融で、もしも返済ができなくなったらどうするのか、これについては意外と知らない人も多いです。貸したお金が返ってこなかったら、消費者金融も赤字になってしまいます。そこで意地でも取り立てるという発想もありますが、現実的ではありません。何百万円もの借金ならともかく、消費者金融の借入れの多くは多くても数十万円程度です。回収のために人員を割いても、そちらの方が高くついてしまうのです。

 

消費者金融では保証人の代わりに保証会社を立てています。保証料を支払う代わりに、回収不能になった時の補填が利くようにできています。もちろん回収不能な案件が増えれば審査が厳しくなるなど、状況が変わる場合もありますが、現在は居所を維持でも探して取り立てるというようなやり方は行いません。

 

ただし、借入をしたお金を返済していないという情報は、利用した消費者金融だけでなく、他社やクレジット会社など、様々なローン関連会社に共有されてしまうので、返済はきちんと行うべきです。

 

何らかの問題を起こすと今後の審査にも悪影響を与え、一見すると何の関係もないと思われる銀行カードローンの審査にも通りづらくなります。ただでさえ審査基準が厳しいとされるオリックス銀行カードローンの保証会社審査も過去の利用状況に問題があると通らなくなるため、消費者金融で借りる際には手軽だとは言ってもしっかりとした返済計画を持つようにしてください。