お金を借りる方法

お金を借りる方法として、消費者金融を選択する人は多いです。消費者金融に対して怖いというイメージを持っている人は多いですが、実際キャッシング利用者の割合は10人に1人以上と言われており、思っている以上に身近な存在になっています。

 

お金を借りる方法として消費者金融を選ぶのに、抵抗がある人もいます。例えばお金を借りる方法として、市役所などの公共機関や銀行から借りるという手段もあります。利息などを考えれば消費者金融は金利が高い傾向にあるので、他で借りるよりも損をする可能性があります。それでも消費者金融が選ばれるのには、大きく4つの理由があります。

 

消費者金融は対応が早い

消費者金融は急ぎでお金が必要だという人に選ばれています。例えば明日中や今日中にお金が必要な時、緊急でお金が必要になった時、他でお金を借りるとなると、審査や手続きに何日もかかるのが普通です。

 

その点消費者金融の融資までのスピードは速く、スムーズに手続きが進めば1時間もせずに現金を受け取れます。例えば今お金が必要な事態になり、消費者金融の公式サイトから申込みをします。契約機への移動中に審査が行われ、最短30分で結果が返ってきます。審査に問題がなければそのまま契約機で契約書とカードを受取り、すぐにお金を卸せます。

 

大手の消費者金融なら土日祝日も手続きができますし、夜も21時までに申込みをすれば当日中に借りられる可能性が高いです。

 

当日中に借りる方法を即日キャッシングと呼び、すぐに借りたい方は最短即日の融資に対応をする消費者金融からキャッシングの利用先を選んでいます。

 

やはり早さや手軽さの面では消費者金融は優れているため、急な出費が重なって手持ちのお金が足りなくなってしまった場合などに、消費者金融のキャッシングは便利なサービスとなるのです。

 

 

大手消費者金融なら有名だから

もしもお金に困った時、どこからどう借りるのかをすでに把握しているという人の方が少ないでしょう。他の手続きと比べると、消費者金融の認知度は高いです。お金に困った時に消費者金融で借りられるのを知らない人の方が、圧倒的に少ないはずです。

 

単純に有名だから消費者金融を利用したという人も意外と多いです。消費者金融を知るきっかけとして、TVや雑誌の広告も重要です。頻繁にTVCMでみていて、抵抗なく申込みをしたという人もいます。

 

手続きが簡単だから

お金を借りるとなると手続きが面倒なイメージがありますが、消費者金融は手続きが簡単です。消費者金融の手続きに保証人や担保は必要ありません。自分1人で誰にも相談せずにお金を借りられます。

 

また、申込みの方法も様々です。いつでもどこでもインターネットから申込みが可能ですし、パソコン操作が苦手なら来店や電話でも申込みできます。

 

必要書類も最低限免許証があれば手続きが可能です。借入額が50万円を超える場合や、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には収入証明書類が必要になりますが、多額の借入れでなければ本人確認書類のみで契約できます。

 

他で借りられないから

消費者金融利用者の全てが、初めから消費者金融を申込むわけではありません。知人や家族を頼ったり、公共機関に相談したり、低金利な銀行で借りたりと、他の方法を試す人もいます。

 

しかし、他の方法で試してもうまく借りられない場合があります。お金を借りる時にうまくいかない時には、3つの壁があります。手続きの難しさと、手続きにかかる日数と、審査です。

 

例えば市役所などでお金を借りる時には、低所得者に限定されるだけでなく、お金が必要な正当な理由が認められなければ申込みができません。手続きも難しく、市役所に相談にいってもすぐに断られてしまうケースもあります。

 

日数についても頼んでその日にお金を貸してくれる消費者金融とは大分変ってきます。手続きの為に何度も市役所に足を運ぶのが普通で、1カ月以上かかる場合もあります。審査についても非常に厳しく、障害があるなどの事情がなければ、お金を借りられる可能性が高いとはいえません。

 

銀行系のローンもやはり審査は厳し目で、これらでお金を借りられないから消費者金融で借りるという人も意外と多いのです。

 

その点、審査も融資も早くに進み、急な出費時にも即日借りられる消費者金融に人気が集まるのも当然とも言えます。ネットでの来店不要審査から手続きが進められるため、お金に困ってしまったときには消費者金融の利用を考えてみると良いでしょう。